第二章 剣の継承者

◆◆◆ エトルリアについて ◆◆◆

 エトルリアは、紀元前8世紀頃からイタリアのトスカーナ(「エトルリア人の土地」という意味)地方で栄えた都市国家群のことで、12都市連盟を結成し、祭事や軍事でのゆるやかな協力関係にあったといわれますが、統一国家を築くことなく、歴史の舞台から消えていきました。この物語の時代のローマは、3代にわたってエトルリア人の王が支配する弱小の都市国家で、12都市連盟には加盟していなかったのですが、交易や軍事の面での交流があったと推察されています。
 エトルリア人は、海を往来する海洋民族で、古代地中海世界では、多くの場所にその足跡を残しています。ローマを流れるティベレ川の河口には、オスティアという港があり、この時代のローマの貿易港として栄えていました。ちなみに、現在イタリアの文化遺産として残っているオスティアの遺跡群は、主に後の帝政時代に造られたものです。
 エトルリア人の起源については諸説あり、いまだにはっきりしたことがわかっていません。本編では、小アジアのリディア由来説を採用しています。

◆◆◆ 新規登場人物紹介 ◆◆◆

ヴェレス・キプロス

●ヴェレス・キプロス Jr.

シチリア島シラクサの貿易商人ヴェレス・キプロスの養子。
養父の死後、跡を継ぎ貿易商として活動している。
本名 ティテュオス・メルクリウス

タラオス

●タラオス

ルクルスが保護した難民の子ども。

アンネイア

●アンネイア

エレトゥリアの侍女
ヴェレスの養父の姪。

ラムネス

●ラムネス

キプロス商船の乗組員
ヴェレスの相談役と情報収集の役割を努めている。

オレアデス

●オレアデス

キプロス商船の乗組員

ドグ

●ドグ

キプロス商船の乗組員
ヴェレスの養父の代からの乗員で医者。

ガイウス

●ガイウス

キプロス商船の乗組員
かつてアルントゥスに仕えていた。

ナーウィウス

●ナーウィウス

ヴェレスが所有しているシラクサの屋敷の管理責任者。 シラクサでの商取引のマネジメントをしている。

ホラティウス

●ホラティウス

シラクサの商人アエアネウスに仕えているシラクサ市民


ランキング投票に
参加しています。
楽しんでいただけたら
クリックをお願いします。

WCR投票
CR投票
ファンタジーリンク投票